人間関係の煩わしさは無いのが魅力!期間工体験談(横浜・日産)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

=====
場所:神奈川県横浜市
会社:日産自動車工場
期間:2ヶ月
寮:あり
条件:日給:9600円(昼勤)
満了慰労金:半年で19万円
1年間居た場合は、様々な手当や慰労金も含めて年収400万円はいきます。
=====

期間工で働いていた時の体験談を教えてください!

・具体的なお仕事の内容は?

横浜工場でエンジン関係のパーツを作っていました。
朝は8時から夕方までで、残業はありましたがそこまで長くはありませんでした。全体的にテキパキと製造やメンテナンスをしている工場で、少なくとも私の部署の環境は悪くありませんでした。

一般的な自動車のエンジン製造をする工程の中でも、比較的明解な組み立てを任されていましたが業界はここが初めてでした。
横浜はエンジン部分を主に生産していますが、ここから近い追浜とは工程がかなり違います。経験者手当も存在しますが、これにより私よりかなり月給が高いスタッフも居ました。おそらく他にも手当が加算されていたのかもしれません。

・働くキッカケは何だった?

大学中退後福岡市内のインターネットサービス系で契約社員として働いていましたが、対人関係がまったく上手くいかず悩んでいたんです。
工場はあまりコミュニケーションが必要無いと聞いて、半ば九州から逃げるように期間工に応募しました。内容的にトヨタの方が理想でしたが、日産車が好きなので日産横浜工場に行きました。

・それまでに工場勤務経験は?

工場勤務は自動車関連含めても無いですね。大学中退後は牛丼屋のアルバイトを経て、その後はインターネット系会社に入っていますし学生時代は飲食系のアルバイトしかしていません。
実家は自転車屋ですが、自動車とは関係無いですしまったく知識がありませんでした。

・働くまでの流れや面接はどうだった?

応募してから面接日までは2週間くらい間が空いていました。私が予定などを伝えて、この日にしてもらったからというのもあります。

面接は書類を読んだり見たりして、これまでの経歴や仕事内容を説明されたりしました。説明時間は早く終わった気がしましたが、実際はもっと時間が経過していたかもしれません。

注意深く質問されたのは健康状態だったと思います。
前もって期間工は体が大事だと経験者やネットの情報で聞いていましたし、幸いとても健康でしたしアメフト部でしたからそれなりに体力には自信がありました。

具体的には「持病はある?」的なことやそれに似たことをいろいろ質問されましたが、何も問題は無いので「無い」とだけ返事していました。結構アレルギー体質ではありますが、魚さえ食べなければ問題は無いですし食堂も魚料理を避ければ良いだけなので支障はありません。
面接の手応えは割とありました。

アメフト部だということをアピール出来れば大丈夫と自信を持っていましたが、しゃべりがすごく下手なのでそこだけは不安でした。
5日後に電話で連絡が来まして、採用になったことを知らされ、これを聞いた時は嬉しかったです。すぐに遠い関東へ行く準備に取り掛かりました。仕事に就いたのはその翌月の半ばでした。

期間工をやめた理由を教えて!

期間満了を迎える前に自主的に退職したのですが、その原因はやはり自分には向かないという部分でした。人とのやりとりは前の会社よりもかなり薄くなっていて、それは良いのですがかなり仕事は自分にはきつかったのです。
体力的にはOKでしたが、性格的にのんびりなのでキビキビと動く仕事は本当にストレスだったのです。

ある日もうすぐ3ヶ月目という辺りで、悪い風邪をひいて寝込みました。
後で考えればストレスが溜まっていたのでは無いかと思います、体は嘘を付けませんですからね。周りはきっとコミュニケーションが苦手なんだろうなという人も少なからず居ましたが、私の周りにはそうでは無い人も多く居たのでそこまで居心地は良く無かったです。
私がそうなだけで、多くの方にとってはバランスの良い職場だと思いますよ。

客観的に見れば良い人も多かったですし、職場環境は良かったと思います。以前の会社よりはかなり給料は高かったですが、2ヶ月程度なのでそれほど貯金は出来ていません。
もっと勤務していれば貯金は比較的楽に出来るのではないかと思います、手当も金額が増えてくるでしょうからね。

期間工のココが他の仕事と比較して「良かった」点

やはり貯金が貯めやすいことがメリットになるのでしょうね。
寮とか食事とかコストを浮かせられる要素も多いですし、むしろ貯金が目当てで来る人が多いでしょう。私は会社の上辺だけの付き合い・人間関係に疲れて期間工に来たのですが、日産を経験したのは良かったと思いますよ。
自動車好きが多い仕事場ですし、そういった方には最高なのでしょうね。

期間工のココが他の仕事と比較して「悪かった」点

自動車のエンジンというと人間でいえば心臓ですよ。
自分が自動車を作っているんだ!という感覚は芽生えますが、やはり覚えるのは難しいというよりも不安が大きいです。

私は工程を覚えるのがとても大変でしたし、自動車はどうしても専門性が高いので応募者が多い割りには難解な仕事かもしれませんね。向いてない方には本当に向かない仕事ですから、体力自慢の方でもそこは注意しておいて下さいね。

これから期間工として働く人へアドバイス!

自動車は精密機械と言っても良いですし、体力があって器用な方は続けられるでしょう。

しかしそれよりも車好きな人というのが適正度が高い気がします。楽しめる仕事は続けられますからね、まずはワクワク感を持って挑戦してみるのが良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。