目標がある人こそ期間従業員は続けやすい!期間工体験談(村田製作所・岐阜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

=====
場所:岐阜県大垣市
会社:村田製作所
期間:2年
寮:あり(会社がレオパレスを借上げ)
条件:月給は25万円以上(残業により変動)で了金は半年に一回で8万円支給。
=====

期間工の具体的なお仕事内容を教えてください。

期間従業はほどんどの人が機械オペレーターの仕事でした。操作の難しい設備ではなく、標準作業票をもとに作業するので始めての工場勤務でも無理なく仕事ができました。
出来た製品の検査も作業内容に含まれていましたが、これは不良品と良品を何度も確認する練習をしたので難しくありませんでした。

・寮の雰囲気は?

寮は会社がレオパレスを借りてくれて、その部屋で生活していました。1人で1部屋を使っていたので、特に寮に対する不満はありませんでした。
もともとレオパレスは騒音などの問題もありますが、1部屋を2人で使うような会社もありますので、期間工の寮として考えたらかなり良い環境だと思います。
食事は会社が契約してくれている弁当屋さんの弁当を食べていました。
朝、夜は自炊です。お弁当は特に美味しいわけではありませんが、値段が安かったので値段相応だと感じました。

期間工で働くキッカケを教えてください!

前職は電気工事士をやっていました。
実家は九州でしたが、東北の震災がありボランティア活動に興味があったので期間従業員という働き方を選びました。
なぜ岐阜県の工場だったのかというと、他の会社よりもボランティア活動しながら働きやすい勤務だったからです。2交代制で月に一回連休があるので、その連休を利用してボランティア活動していました。

・期間工以外に検討した職業はありましたか?

電気工事士の仕事を行なっていたときにボランティア活動を中心とした仕事がしたいと思い、一時的にアルバイトを掛け持ちして活動していた時期もありました。
しかし、なかなかお金がたまらないということとアルバイトなので仕事の休みがとりやすいのですが、休んでしまうと給料が減るので結局はボランティア活動が出来ないという現状になりました。

・働くまでの不安、心配は?

不安と心配は強く感じました。
期間従業員は他県に出て働くことが多いので、今まで暮らしてきた地を離れて他県で生活することの不安がありました。
また現地の会社に出向いて面接等を行なったわけではありませんので、会社に対する信用性などにも心配や不安はありました。

・働くまでの流れや面接はどうだった?

まず紹介会社の面接がありそれから働きたい会社を選んで会社の方と面接をして働く流れでした。
会社の方との面接から2ヶ月後には現地に行って働いていました。

本来は面接してから1ヶ月後だったそうですが、私の都合で2ヶ月後に延ばしてもらいました。

期間工をやめた理由を教えて!

期間は満了していませんでしたがボランティア活動には何度か行くことが出来て満足しましたので、それから今後の為に正社員として他の会社で働くことにしました。
期間を満了してから探すのは嫌でしたので、勤務期間中に探しました。次の会社が決まったので辞めました。

貯金はほとんどボランティア活動に使ってしまったので出来ませんでした。ボランティア活動に使わなければ150万円ぐらいはあったと思います。

期間工のココが他の仕事と比較して「良かった」点

1番は給料が良いことです。出身地から他県に行くので、無駄使いも減りましたので、集中して貯金したい人はいいかもしれません。
僕の場合はボランティア活動がやりたかったので、そのような場合でも時間の調整がしやすくて良かったです。

期間工のココが他の仕事と比較して「悪かった」点

せっかく身につけた仕事も期間満了したら意味がなくなり、新しい所で1から覚えなおさなければならない所がもったいないと感じました。
次の所が、同じ工場勤務でも会社が、違えば方法や考えかたも変わりますので最初は違和感を覚えるかもしれません。

これから期間工として働く人へアドバイス!

私の他にも期間従業員が多数はたらいていましたが、何か期間従業を通して目標がある人ばかりでした。

ですので短い期間で貯金したい、趣味と仕事を両立したい等の目標ややりたいことは人によって違いますが、何でもいいので期間従業員のことをしっかりと理解して期間従業員だからこそ出来ることを探せる人がいいと思います。
次の仕事までの繋ぎという人もいましたが、そういった考えの人はあまり上手くいってなかったイメージがあります。

完結にいうと期間従業員という特殊な立場を上手く利用できる人が向いていると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。