期間工で働くメリット・デメリットってどんなものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間工として働いてみたいけど正直分からないことが多いとおもいます。
そこで期間工として働くことのメリットとデメリットをまとめてみました。

期間工で働くメリット

・給料が高い
・寮が用意されており、寮費が無料、水道光熱費もタダ
・お金を貯めやすい
・残業代が支給される
・仕事に慣れれば楽になる

それぞれ解説していきます。

・給料が高い

給料は手取りの金額で20万円くらい頂けるとおもいます。経験が無くても一般企業の中途採用よりも良い額面だと思います。私も初めて期間工として入社しお給料をいただいたときは、それまで働いていた企業の倍くらいの額面だったので驚きました。

・寮が用意されており、寮費が無料、水道光熱費もタダ

寮は完全個室で用意されています。寮部屋は種類によってデメリットの面もありますが、冷暖房にテレビが付いており快適に過ごすことができます。
寮費は無料です。
水道や光熱費も無料なので使い放題です。
私が入寮したところは、玄関ひとつの中が3部屋に仕切られている部屋でした。テレビもエアコンも備えつけてあり部屋の広さも六畳くらいありました。部屋には洗濯機あり、洗濯もできます。今ではかなりきれいな寮もできているようです。

・お金を貯めやすい

 
寮費が無料で光熱費もタダなので、生活に必要な費用があまりかかりません。食費に関しても配属先の工場や寮の食堂ではリーズナブルな価格で提供してくれています。工場の食堂は料理の種類も豊富で良い味付けです。

私もあまり平日はお金を使うことがありませんでした。寮の周りもコンビニくらいしかありませんでした。仕事から帰ってきて入浴後に寮の売店で買って食べるアイスクリームが楽しみでした。

・残業代が支給される

きちんと手当として残業代が支給されます。残業があるのは忙しい時期や配属される地域の工場によって違いがあるようです。私の勤めていたときは(少し前になります)車が売れていた時期で新車投入という事で2直(後番)の勤務の時は残業が2時間程度ありました。

そのほかに工場内での作業場移設があり工場内の養生作業をお願いされたこともあります。残業はきちんと正確に管理されており残業代が付くと給料はかなり良いとおもいます。

・仕事に慣れれば楽になる

仕事は単純作業です。
配属される部署で作業内容は違いますがどの部署に配属されても最初は慣れるまで大変だとおもいます。体のい
ろんな箇所が痛かったりしますが1か月もすれば体も慣れ、作業自体に慣れてきて体が作業を覚えます。

私は溶接に配属されました。
ハンドガンを使って鉄板をポイント溶接します。最初のころはハンドガンの使い方に悪戦苦闘していました。1日の作業が終わると手がパンパンに腫れあがっていました。組み付けとかクリーンな作業場を期待していたのによりにもよって汚れる重労働の作業場に配属されるとはと最初おもっていましたが、慣れると意外とやれるものでした。

しかし火花が散ったり、鉄板で切れたりしないようにするための作業着だったので、いつも暑くて汗だくでした。

期間工で働くデメリット

・配属される地域や部署が選べません
・交代制勤務
・女性は少ない
・寮生活

・配属される地域や部署が選べません

配属先や行きたい部署やりたい仕事は自分から選ぶことができません。配属される前に健康診断等で適材適所を検討し配属先が決定されているからだとおもいます。仕事の内容や仕事の量もその時々で変わっていますので、忙しい現場に配属されることもあれば比較的残業の少ない現場に配属されたり様々です。

私が配属された地域と部署は、豊田市の元町工場です。溶接の部署でした。配属される前は事前情報で田原工場は嫌だなとおもっていました。(豊田市から遠く名古屋市からも遠く周りは自然豊かで休日は釣りができるが何もないと言われていたからです)

溶接の部署も最初は嫌だなおもいました。工場見学の時にかなり火花が散ってて迫力が凄かったから務まるだろうかと疑念があったからです。やってみると意外とおもしろくコツを掴めば自由自在という感じでした。人間関係も良かったですから。配属された部署は良かったです。

・交代制勤務

2交代制の勤務シフトになります。1週間のシフトで交代します。祝日祭日は関係なく土日は完全休日となります。
勤務時間は1直6:25〜15:05 2直16:00〜0:40となります。(トヨタ)
1週間の交代で生活のリズムが不規則になります。が基本的に寮から工場までの移動はバスになります。時間通りに送迎がありますから遅刻しないようにと考えると(遅刻すると手当が付かなくなる)規則的とも捉えることができます。

私は地元企業で3交代の勤務を経験したことがあります。3日勤務で1日休日となる勤務シフトで時間も3段階でしたので生活のリズムは最悪でした。私の場合ですがそれを経験しているので、2交代制の1週間でシフトが変わる方が楽でした。

・女性は少ない

女性の期間工の募集はしていますが実際に勤務して活躍されている方は男性に比べるとまだまだ少ないようです。
私が勤務しているときは女性の期間工の方は一人もいませんでした。もしかすると他の部署または他の工場にはいたのかもしれませんが。工場の中にいた女性の方は工場の偉い方の秘書みたいな方は見かけました。

後、1直の勤務のときの昼休憩後の売店で何度か事務員に遭遇したことはあります。私の勤務は少し前になるので状況は以前と変わっているかもしれません。

・寮生活

寮費が無料であるとメリットとして書きましたが、寮の生活となると状況はかわります。寮は基本一人部屋です。入寮するところによってストレスが溜まることもあるかとおもいます。綺麗な部屋の寮も最近ではあるようです。

寮の部屋の壁は薄いです。隣の人の物音など気になったり、自分の物音に気を付けたりで生活している者同士気を使わなければいけません。

私が入寮したところは玄関を入って3区画ありそれぞれを襖で仕切っている構造でした。もちろん襖は開かないように処理していますが、隣との距離は襖1枚です。部屋の鍵は南京錠でした。私は陽が当たらない方角の部屋だったので、布団が干せませんでした。隣の人が退寮した時に陽の当たるその部屋で急いで布団を干しました。またすぐに入寮してきましたので、布団を干せたのは一度きりです。

その入寮してきた人はあまりデリカシーがなく音が異常にうるさかった為、一回だけ怒ったことがあります。けんかにはならず、それ以来おとなしくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。