実際に期間工で働いたリアルな生活?休日や寮は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間工としてトヨタ自動車に赴任して働くことになりそこでの生活を送りました。

1週間の内5日間は仕事で土日は休みというシフト制でした。月曜から金曜は寮と会社の往復ですが、週末になると人それぞれの過ごし方があるとおもいます。実際私も週末になると街に出て行ったりしてました。

寮の中での生活も慣れてしまえばそれなりに快適に過ごすことができました。働くことが目的で赴任してきたことを考えると生活のことなんてとおもわれるかもしれませんが、仕事の時間外の過ごし方って意外と大事かとおもいます。

寮の生活ってどんな感じ?

赴任して最初に入寮したところは、完全な個室の寮でした。健診や研修のために一時的に入ったところで3日間ほど過ごして退寮しま
した。そこも案外快適でしたが、生活した感じは無かったです。そこで配属先が決まったら近くの寮に変わりました。第二清風田中寮です。かなり大きな寮でした。第二ということで、道を挟んで第一の寮があります。横に大きく縦に高い建物でした。

自分の部屋に入った時は驚きました。玄関は一つで中に部屋が三つありその部屋一つ一つに寮の住人が生活する仕組みになっています。その部屋の間仕切りは壁ではなく襖です。きちんと工事がされているのでその襖が開くことはないんですが隣の音は結構漏れ聞こえます。テレビの音は丸聞こえです。皆さん隣の人に気を使って生活してるとおもいます。

一部屋一部屋は六畳一間くらいでエアコンとテレビは完備してました。冷蔵庫が無かったです。今はあるのかもしれないですが当時はありませんでした。やっぱり生活していくうえで冷蔵庫は必需品だとおもいます。どうしようかと考えていたら、同じ配属先の部署の期間工の先輩が、近く期間満了で退寮するということその先輩は冷蔵庫を自分で購入したから持って帰るのも面倒だし私に譲ってくれるということになりました。とてもタイミングよかったです。ちなみに私が退寮するときもその冷蔵庫は譲りました。

部屋の施錠は南京錠でした。防犯対策上どうなんだろうとおもいますが、その頃はそれでよかったのかもしれません。
3部屋の間仕切り以外にはトイレがあり、洗濯機が一台ありました。洗濯しても干すスペースは無いため部屋干しになります。たしか乾燥機は無かったとおもいます。部屋は太陽の陽射しがある部屋と廊下の陽射しが当たらない部屋とあります。換気をしたり除湿器を置いたりして快適に暮らす工夫は必要かもしれません。実際私も除湿をしたり、エアコンに臭い取りのシールを貼ったりして快適な部屋にしようと努力してました。

部屋にお風呂はありません。大浴場があります。直番の勤務終了後、帰寮してくるタイミングで大浴場はお湯が沸いていますので、なかなか快適です。広いですから気持ちいいとおもいます。

寮には売店があります。生活用品から食べる物などを売っています。パンとかお菓子のようなものでした。第一の棟には食堂がありますが、第二の棟には食堂がありません。だから第二の棟の寮の人が食堂を利用したい場合は歩いて食堂まで行かないといけませんでした。3分くらい歩くとおもいます。寮の外にはコンビニもあったのでコンビニ弁当で済ます人もいます。寮の外に買い物に行ける距離にいろいろあるとおもいますので、生活必需品やその他いろいろ買い物に出て町探検もいいかもです。

寮っていろいろな人が生活してます。やっぱり変わった人とか結構います。しかもいろいろと体験できることもあるとおもいます。ちなみに私は、大型連休の時にUターンラッシュに巻き込まれるのが嫌だとおもい朝早く(相当早かった)に電車に乗ろうと寮の玄関を出た瞬間に女の子が座り込んでいたので驚きました。まず寮に関係者以外は入れないのにどうやってというのと、一晩中居たの?っていうことが驚きました。ちなみに私の玄関先ではなく、隣の玄関先です。

休みの日はどう過ごす?

完全週休2日制ですので、シフト終わりが1直なら丸3日休みみたいになりますから、かなりゆったり過ごすことができるとおもいます。私は赴任した当時若かったというのもあり(20歳)毎週末、町探検をしてました。豊田市というよりも名古屋市に遊びに行ったり、買い物に行ったり、観光に行ってました。期間工の同じ班の友達もいましたが、基本的に外出するときは一人でした。街に行けば知り合いができていたというのもありました。

まったく知らない土地というのもあり何があるんだろうという好奇心が勝ってました。とにかく雑誌(東海ウォーカー)を見てあちこち探索してました。その頃はまだスマホもありませんでした。
名古屋市は地下鉄が縦横無尽に走っているので、いろいろいけるし地下街もかなり広いのでいろいろ見るには良いですよ。今は観光地も変わって以前よりも街が整備されてるとおもいます。おいしいご当地グルメもありますから食べてみるにも良いですね。

正社員の人と交流ってあるの?

それほど頻繁に飲み会があったりというわけではありません。仕事中は期間工でも正社員でも分け隔てなく接して部署の中の班メンバーは仲良くなっていきます。当然合う人合わない人というのがありますから一概には言えませんが。しかし、仕事は真面目にやっていると同じ班の方からの信頼もできます。正社員の方から飲み会に誘われたり、期間満了で終了する期限が近づいてくると部署のメンバーが懇親会(送別会)を開いてくれました。

飲み会は正社員の方が(同じくらいの年齢)週末の仕事終わりに(1直)連れて行ってくれました。居酒屋でざっくばらんに話して飲んで、食べてでほんとに気を遣う感じでもなく楽しい時間を過ごせました。

懇親会(送別会)はバーベキューでした。トヨタの施設を使ったべーべキューで所属している班のメンバーや組長まで全員が揃ってワイワイやりました。知らないあいだに一部始終撮られていた写真に残っているのですが、飲んで食べてしています。しかし、それが大変なことに段々と組長にからんでそれをおもしろがって見ている班長がいて、しかも最後は泣いてます。そして引きずられて帰る後ろ姿が写ってます。断片的には覚えていましたが、詳細は写真で知って愕然としました。懇親会の後に出勤したときは正社員の方も期間工の方も組長も皆さんいじってきました。誰一人怒ってる人はいませんでした。

そんな風に交流できる職場でした。部署や配属先によって違いがあるかもしれませんが、交流して楽しい思い出をつくるのも良いとおもいます。年齢的に若かったのと、まだまだ世間知らずだったことがそういう時間を過ごすことができたのかもしれません。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。