2017年 9月 の投稿一覧

実際に期間工で働いたリアルな生活?休日や寮は?

期間工としてトヨタ自動車に赴任して働くことになりそこでの生活を送りました。

1週間の内5日間は仕事で土日は休みというシフト制でした。月曜から金曜は寮と会社の往復ですが、週末になると人それぞれの過ごし方があるとおもいます。実際私も週末になると街に出て行ったりしてました。

寮の中での生活も慣れてしまえばそれなりに快適に過ごすことができました。働くことが目的で赴任してきたことを考えると生活のことなんてとおもわれるかもしれませんが、仕事の時間外の過ごし方って意外と大事かとおもいます。

寮の生活ってどんな感じ?

赴任して最初に入寮したところは、完全な個室の寮でした。健診や研修のために一時的に入ったところで3日間ほど過ごして退寮しま
した。そこも案外快適でしたが、生活した感じは無かったです。そこで配属先が決まったら近くの寮に変わりました。第二清風田中寮です。かなり大きな寮でした。第二ということで、道を挟んで第一の寮があります。横に大きく縦に高い建物でした。

自分の部屋に入った時は驚きました。玄関は一つで中に部屋が三つありその部屋一つ一つに寮の住人が生活する仕組みになっています。その部屋の間仕切りは壁ではなく襖です。きちんと工事がされているのでその襖が開くことはないんですが隣の音は結構漏れ聞こえます。テレビの音は丸聞こえです。皆さん隣の人に気を使って生活してるとおもいます。

一部屋一部屋は六畳一間くらいでエアコンとテレビは完備してました。冷蔵庫が無かったです。今はあるのかもしれないですが当時はありませんでした。やっぱり生活していくうえで冷蔵庫は必需品だとおもいます。どうしようかと考えていたら、同じ配属先の部署の期間工の先輩が、近く期間満了で退寮するということその先輩は冷蔵庫を自分で購入したから持って帰るのも面倒だし私に譲ってくれるということになりました。とてもタイミングよかったです。ちなみに私が退寮するときもその冷蔵庫は譲りました。

部屋の施錠は南京錠でした。防犯対策上どうなんだろうとおもいますが、その頃はそれでよかったのかもしれません。
3部屋の間仕切り以外にはトイレがあり、洗濯機が一台ありました。洗濯しても干すスペースは無いため部屋干しになります。たしか乾燥機は無かったとおもいます。部屋は太陽の陽射しがある部屋と廊下の陽射しが当たらない部屋とあります。換気をしたり除湿器を置いたりして快適に暮らす工夫は必要かもしれません。実際私も除湿をしたり、エアコンに臭い取りのシールを貼ったりして快適な部屋にしようと努力してました。

部屋にお風呂はありません。大浴場があります。直番の勤務終了後、帰寮してくるタイミングで大浴場はお湯が沸いていますので、なかなか快適です。広いですから気持ちいいとおもいます。

寮には売店があります。生活用品から食べる物などを売っています。パンとかお菓子のようなものでした。第一の棟には食堂がありますが、第二の棟には食堂がありません。だから第二の棟の寮の人が食堂を利用したい場合は歩いて食堂まで行かないといけませんでした。3分くらい歩くとおもいます。寮の外にはコンビニもあったのでコンビニ弁当で済ます人もいます。寮の外に買い物に行ける距離にいろいろあるとおもいますので、生活必需品やその他いろいろ買い物に出て町探検もいいかもです。

寮っていろいろな人が生活してます。やっぱり変わった人とか結構います。しかもいろいろと体験できることもあるとおもいます。ちなみに私は、大型連休の時にUターンラッシュに巻き込まれるのが嫌だとおもい朝早く(相当早かった)に電車に乗ろうと寮の玄関を出た瞬間に女の子が座り込んでいたので驚きました。まず寮に関係者以外は入れないのにどうやってというのと、一晩中居たの?っていうことが驚きました。ちなみに私の玄関先ではなく、隣の玄関先です。

休みの日はどう過ごす?

完全週休2日制ですので、シフト終わりが1直なら丸3日休みみたいになりますから、かなりゆったり過ごすことができるとおもいます。私は赴任した当時若かったというのもあり(20歳)毎週末、町探検をしてました。豊田市というよりも名古屋市に遊びに行ったり、買い物に行ったり、観光に行ってました。期間工の同じ班の友達もいましたが、基本的に外出するときは一人でした。街に行けば知り合いができていたというのもありました。

まったく知らない土地というのもあり何があるんだろうという好奇心が勝ってました。とにかく雑誌(東海ウォーカー)を見てあちこち探索してました。その頃はまだスマホもありませんでした。
名古屋市は地下鉄が縦横無尽に走っているので、いろいろいけるし地下街もかなり広いのでいろいろ見るには良いですよ。今は観光地も変わって以前よりも街が整備されてるとおもいます。おいしいご当地グルメもありますから食べてみるにも良いですね。

正社員の人と交流ってあるの?

それほど頻繁に飲み会があったりというわけではありません。仕事中は期間工でも正社員でも分け隔てなく接して部署の中の班メンバーは仲良くなっていきます。当然合う人合わない人というのがありますから一概には言えませんが。しかし、仕事は真面目にやっていると同じ班の方からの信頼もできます。正社員の方から飲み会に誘われたり、期間満了で終了する期限が近づいてくると部署のメンバーが懇親会(送別会)を開いてくれました。

飲み会は正社員の方が(同じくらいの年齢)週末の仕事終わりに(1直)連れて行ってくれました。居酒屋でざっくばらんに話して飲んで、食べてでほんとに気を遣う感じでもなく楽しい時間を過ごせました。

懇親会(送別会)はバーベキューでした。トヨタの施設を使ったべーべキューで所属している班のメンバーや組長まで全員が揃ってワイワイやりました。知らないあいだに一部始終撮られていた写真に残っているのですが、飲んで食べてしています。しかし、それが大変なことに段々と組長にからんでそれをおもしろがって見ている班長がいて、しかも最後は泣いてます。そして引きずられて帰る後ろ姿が写ってます。断片的には覚えていましたが、詳細は写真で知って愕然としました。懇親会の後に出勤したときは正社員の方も期間工の方も組長も皆さんいじってきました。誰一人怒ってる人はいませんでした。

そんな風に交流できる職場でした。部署や配属先によって違いがあるかもしれませんが、交流して楽しい思い出をつくるのも良いとおもいます。年齢的に若かったのと、まだまだ世間知らずだったことがそういう時間を過ごすことができたのかもしれません。
 

期間工の契約期間に資格の勉強と貯金を両立!(愛知県・トヨタ自動車)

20歳の時に期間工の募集に応募しました。その頃はちょうど勤めていたところも辞め(続けていたら鬱になってたかも)何をしようかと時間をかけながら考えていました。その時になんとなく目にした新聞の広告に期間従業員募集の告知があり、「期間従業員って何?」と興味が湧きました。そうおもったら次には行動に移っており、面接会場に足を運んで面接を受け1週間後には会社に赴任という感じでした。

受けた会社はトヨタ自動車、赴任先は愛知県豊田市、それまで全く訪れたことのない土地でやったことのないライン仕事、全く不
安はありませんでした。なぜなのか分かりませんが勢いみたいな感じでしょうか。そこで過ごした半年間のお話しです。

=====
場所:愛知県豊田市
会社:トヨタ自動車元町工場
期間:6ヶ月(半年契約)
寮:あり(第二清風田中寮)
条件:基本給月収は23〜25万円+残業など各種手当て
=====

期間工で働いていた時の体験談を教えてください!

寮や給与面の条件は?

寮ありで、第二清風田中寮というものすごく大きな寮です。寮の中には売店もあります。
給与は契約時に日給9,200円でした。月収は日額に残業代や諸手当等を含み約23〜25万円だったとおもいます。
満了一時金(報奨金)は一か月を無遅刻、無欠勤、無早退であれば支給される条件になっています。

勤務体系(夜勤や3交代制)は?

連続2交替制勤務でした。
1直2直の直番があって1週間交代でシフトが組まれています。1直は6:25〜15:05 2直は16:00〜0:40です。

配属先で3交替制であったり常昼の勤務もあるようです。
連続2交替制でしたが、2直のシフトの週のみ残業がありました。忙しかったり、1直でトラブル等が発生した場合は2時間ほど残業しました。後、工場の養生作業なども2直の勤務時間外(残業)にしてました。残業
代がしっかり支払われるので残業も苦ではありませんでした。

具体的なお仕事の内容を教えてください。

仕事は最初に会社から紹介されました。鋳造・鍛造・組み付け・プレス・ボディー溶接・塗装・成形・組立がありその部署のどれかに配属になります。その中からいくつか実際に作業しているところを見学しました。その時に見たボディー溶接は火花がバンバン飛び散っていて『怖っ!』っておもっていました。すると見事にボディー溶接に配属となりました。
ボディー溶接は塗装前の鉄板(薬品は塗り重ねている状態)にスポット溶接で部品を付けていきます。スポット溶接とは鉄板を点と点で挟み電気を流して溶接します。機械がする工程もありますが、上部から宙づりになっているハンドガンの溶接機を振り回して行う工程もありかなり重労働です。

しかも汚れます。暑いです。鉄板は触れると切れるので常に手袋は2枚着用です。1枚はケブラー繊維でできた特
殊なもので簡単には切れないようになっています。腕カバーも装着、前掛け(ゴム製のエプロン、胸から膝くらいまでの)装着、火花が飛んで暑い上に装備も重厚で倒れそうに暑いです。

そんな装備をして行った作業は、ボディーの右側をラインで溶接していました。私の担当箇所はホイルハウスと言ってタイヤが入る所です。ホイルハウスの溶接を行っていました。部品を機械にセットしたり、自分でハンドガンを操って溶接してました。最初は一つから作業に入って慣れてくると大幅に工程が増えていきました。その作業場をくるくる行ったり来たりしてました。ライン作業になるので工程に遅れが出るといちいち放送が流れて遅れてると言われるのがストレスでした。(しかしその大半が台数を測っている機械の故障と後に判明しましたが)

最初に感じた『火花、怖っ!』は意外と慣れるもので、たまに薬品が厚く塗られている箇所を溶接すると爆発することがあり、火花が自分に降りかかります。でも全然怖くありません。何だか面白い感じがしていました。鉄板には穴が開くので作業が止まってしまい、副班長がぶつくさ言いながら鉄板を直すためどこかに消えていました。火花が当たっても体には何のダメージありません。重装備ですから。作業には慣れて意外と広範囲でもできるようになりました。

期間工で働く前、辞めた理由を教えて下さい!

・期間工で働く前のお仕事は?

 
期間工で働く以前の仕事は、事務仕事でした。それと雑用に清掃。朝は誰よりも早く出勤して清掃。建物大半を一人で清掃してそれか事務作業、書類作成してそれを関係各所に届けたりしてました。とにかく雑務が多く、年齢も一番下ということもあり言いたいことも言えない感じでした。

・働くキッカケ・理由を教えてください。

以前働いていた職場を辞め、そのまま地元で就職するのか何かやりたいことをやるのか少し休んで考えてました。その時たまたま見た新聞に期間工の募集が載っていたのを目にしました。

給与がいくらで寮も完備、愛知県でのお仕事というのに心動かされました。それまで地元を出て一人で生活したことが無かったので少しやってみたいという気持ちとワクワクが自分の中に芽生えて応募しました。

・それまでに工場勤務経験は?

未経験者です。
事務仕事しかしたことがありませんでした。体を動かすことは好きだったので体力に自信が無くてもなんとかなるとおもっていました。

働くまでの流れや面接はどうだった?

・応募から面接までの期間や採用が決定して働くまでの期間を教えてください。

3月から働き始めました。2月の終わりか3月の頭には面接したとおもいます。
それで面接日の指定日があって近隣のハローワークにお越しくださいとあったとおもいます。
面接したときに赴任日はいつといつになりますが、採用となった場合はその日で赴任できますか?と質問されました。

面接したその日の夜に電話がかかってきて採用ですと言われました。その際、赴任日の確認で直近の赴任日に決めました。赴任まで1週間くらいだったとおもいます。赴任日に会社に行って研修や健診などを受けること3日間、めでたく採用されることになり本社近くの寮から配属先の寮へ移動となりました。

・志望動機などはどのように書いた?

期間工というものがどういうものかまったく分からなかったし、仕事の内容は募集要項の説明書きのみだったので体を使うんだろうという感じと、トヨタ自動車だったから車を作ることが目的なのだろうということを踏まえて志望動機としました。体を動かすことが好きです。物を作る作業が好きです。一度自動車づくりに携わってみたいとおもい志望しました。という風に書いたとおもいます。

・面接ではどのようなことを聞かれた?気を付ける点は?

一般の企業面接と同じようなことを質問されました。
しかし、その時は面接の部屋も小さな部屋で個別の面接だったので、緊張もあり
ませんでした。志望動機や趣味、何か運動をしていたか、などそう難しくない質問でした。私の時には無かった質問で、最近聞かれることに刺青やタトゥーがあるかということが質問としてあるみたいです。面接ではそう難しく考えず、聞かれたことに素直に答えれば良いとおもいます。

期間工をやる前の不安や疑問を教えてください!
特に不安はありませんでした。自動車工場に働きに行くという軽い感じで捉えていたので、テレビで見るような流れ作業の中で部品を車体に取り付けていくことだろうとおもっていました。ただ、愛知県に行ったことがなかったのでどんなところだろうということが強かったです。実際の仕事は全然想像の域を超えてました。

期間工をやめた、期間満了で終わった理由は?

契約期間は半年間でした。
無事怪我も無く、無遅刻・無欠勤・無早退の期間満了で終了しました。その頃は期間工の募集もどんどん行っていて、期間工の先輩もいたし後輩もいました。
契約延長をする理由も特に無かったし、一旦期間満了を迎えて終了しようとおもっていたので期間工の間、資格試験の勉強をしていました。その勉強の成果も出てちょうど良い感じでした。

正社員の話もありましたが、お断りしました。生活していくのに最小限のお金を使うくらいで週末に気晴らしに買い物に行ったりしてたくらいなので、貯金しようとおもって貯めたわけではなく、なんか貯金できたという感じでした。ギャンブルや夜の遊びをしているとお金は残らなそうです。

期間工のココが良かった

経験したことが無い仕事に就いても給与は良かったとおもいます。残業代や手当もしっかり付いており、働けば働いた分だけ給与に反映されるので多少きつい作業でもやりがいはあったので良かったかもとおもえました。

期間工のココが悪かった!

連続2交替制でした。配属先によっては、3交替制であったりするところもあるので慣れていないとしんどいとおもいます。
シフト制で1週間で1直2直が入れ替わります。直番が1直の時はしんどいなとおもいました。朝が6:25〜だったので寮にバスが5時代に到着します。寮から工場までは距離があり車がないと出社するのに時間がかかります。唯一の足が送迎バスだったので乗り遅れないように朝早く起きて身支度を整えてがキツイとおもいました。

これはなかなか慣れませんでした。通勤するための送迎バスは何本かはあるので、それらに乗車できれば会社には間に合うのですが、工場に着いて朝食を済ますには早い時間帯の送迎バスに乗車するのが良いのと、早い時間帯の送迎バスは比較的空いてるのでゆったり乗れます。兎に角、シフト制の勤務形態なので体が慣れるのにしんどいです。

配属された部署が溶接だったので、暑いというところです。スポットクーラーといってポイント的に冷房は出ていますが、作業しているところは全体的に暑いのでそれは終始キツイとおもいました。

これから期間工として働かく人へアドバイス!

最近はネットでブログを書いている先輩期間工の方の情報などがあり、期間工がどんなものなのか分かりやすいとおもいます。そういう情報を集めるのも良いとおもいます。経験は大事だとおもいますので、働いてみたいとおもわれるならやってみるのも良いとおもいます。

向き不向きもあるとはおもいますが、私の周りにも体力に自信がない人とかいましたし、なかなか覚えない人もいました。
しかし数か月もすれば、体もしっかりしてきてましたし、覚えて一人で作業をしてました。やってみたいとおもわれたなら、まず応募からしてみましょう。

期間工の仕事は具体的に何がきつい?

初めて赴任することになり所属先も決まっていざ働きだすとやったことのない作業や慣れない生活に四苦八苦することがあるとおもいます。それも徐々に慣れ一か月も過ぎたころには動きも適応しているとおもいます。私も最初は未経験からのスタートだったこともあり慣れない作業で毎日がしんどかったことを覚えています。体も馴染んでいき作業に耐えれるようになったのは一か月くらいしたころだったとおもいます(だいたいの期間工の経験者の方も一か月くらいで慣れたと言っています)。

期間工の仕事ココがキツイ!

未経験から始めると作業自体がキツイのではないかとおもいます。
慣れない動きや扱ったことのない工具など取り回しに四苦八苦という感じになるとおもいます。どの部署に配属になっても実際慣れるまではどの部署での作業も楽ではなく、楽になるのは一か月を過ぎた辺りからだということです。

私も全く経験のないところから始めました。ボディー溶接で火花が飛び散る中、扱ったことのない溶接機を
振り回し溶接していくので、相当手に力が入っており就業時間が終わった頃には手がパンパンに腫れあがっていました。それも体が馴染んでくるまではキツイですね。夏の暑さもキツかったです。溶接なので暑い部署、しかも重装備これはなかなかのしんどさでした。

私が経験したところ以外の部署でもキツイと感じる仕事内容はあるとおもいます。それは実際に経験してみないと分からない部分でもあるとおもいますが、頑張って一か月もすれば慣れない作業のキツさも解消されて楽に感じるとおもいます。

期間工ってどんな仕事内容がある?

期間工というと自動車を作るイメージが強いかもしれません。
しかし、何も期間工だからと言って自動車だけを作っているわけではありません。自動車製造に関連したメーカーもあります。期間工を募集しているメーカーは数多くあり、仕事の内容もそれぞれ違いがあります。そこで期間工にはどんな仕事があり経験が無くても作業ができるのか見てみましょう。

期間工の仕事内容をピックアップ

期間工の募集では仕事の内容が募集欄に掲載されています。そこで掲載されている内容をいくつか例にとって見てみましょう。

・トヨタ自動車

自動車製造に関する担当ラインは仕事内容で異なります。
エンジン系・シャーシ系・ボデー系・部品系、組立、最終検査というような作業工程(内容)となってます。

■エンジン・シャーシ系
エンジンやシャーシ系には鋳造・鍛造・機械加工・組み付けの部門があります。
鋳造 エンジン部品やアルミホイール等が鋳造部品。溶鉱炉で溶かした金属を鋳型に入れて作ります。
鍛造 エンジン部品の歯車やシャフトをはじめとして、特に強度を求める部品は、高温に加熱した鋼材をプレスして作り上げます。
機械加工・組み付け 鋳造や鍛造によって出来た部品を工作機械で加工し、他の部品とともに組み付け、品質チェックを行います。

■ボデー系
プレス 1枚の鋼板に巨大プレス機で数千トンの圧力を加えて、ボディー用パネル部品などを加工します。
ボデー溶接 約400点のも及ぶ部品を自動溶接と手作業とで組み付け、ボディーを作り上げていきます。
塗装 塗装ロボットを使って、何層にも塗り重ねられた美しいボディーが誕生します。

■部品系
成形 樹脂原料などを射出成形などによって思い通りの形に加工することで、バンパーやグリルなどをはじめとする多くの部品を作り上げます。

■組立 
生産ラインの最終工程。
一連の部品が組み付けられたボディーに窓ガラス、シート、バンパー、エンジン、タイヤなどを取り付けて完成車にします。

■最終検査
組立終わった車は最終検査の工程にかけられます。一台ずつ、ブレーキが利くか、ワイパーが動くか、ライトが点くか等検査し、全て合格したものだけを出荷します。

自動車メーカーの自動車製造の仕事内容はここに挙げたトヨタ自動車の例で似通っています。自動車の製造のためのライン作業が仕事の内容になっています。

・特殊車両の製造メーカー

さまざまなクルマの製造に関わるお仕事です。

救急車、冷凍車などの特殊車両は、クライアントの要望や利用環境によって必要な機能や装備が異なります。同じ車種を生産する大型工場とは異なり、さまざまなクルマの製造に携わることができる、やりがいのあるお仕事です。

・ブリヂストン

クルマ用タイヤ・チューブの製造・乗用専用スチールラジアルタイヤの製造

■原材料や部品の加工、組立、加硫、検査などにおけるマシンオペレーター

■製造準備、運搬作業等
・ハーモニックドライブシステムズ
産業用ロボット部品の製造

■NC旋盤加工工程
NC旋盤機に部品をセットし加工後の製品を次の工程に流す作業

■組み付け工程
加工された部品の組み付け作業

■検査工程
出来上がった製品の外観・サイズの検査作業

■動作チェック
完成品を稼働させ動作の確認作業

・住電装プラテック
プラスチック部品の製造

■物流
各種製品・部材の部署間の運搬、資材置場より材料供給

■機械オペレーター
成形組立機械への材料の投入

■検査
端子を投影機等で寸法測定【ノギス使用】、外観はマイクロスコープを使用しての検査

■目視検査
成形、組立の製品検査【拡大鏡・ルーペ・顕微鏡を使用しての検査】

・ダイキョーニシカワ
 クルマ内装・外装部品の製造

■成形工程
機械から成形された部品(バンパー・グリルなど)のバリ取り作業【カッター、ナイフ等を使用】
各部品の組み付け作業【電動ドライバー使用】

■塗装工程
塗装された製品の塗装チェック作業
マスキングテープの貼り、剥がし作業
内装部品(インパネなど)の塗装作業【塗装用スプレーガン使用】
目視チェック、手直し作業

■組立工程
塗装後の内装部品(インパネなど)に部品の組付け作業【エアドライバー使用】

・ジャトコ
オートマチックトランスミッション(自動車やオートバイの変速機)の製造

■機械加工
機械に部品をセットしスイッチを押せば機械が自動的に生産を行います。
加工された製品を目視確認→次の機会へセット→完成品を目視確認→次工程の組立へ運ばれます。

■部品の組立、組付(ライン作業)
手作業にて部品をセットし組み付け、その後は機械が組立を行います。

■部品の部材運搬供給(単独作業)
加工・組立ラインで使用される部材を台車へ積み運搬供給を行います。
 
■部品のバリ取り作業と部品セット(単独作業)
ケース・ハウジングと言った物を取り扱います。(重さ約10キロ)
製品を機械へセットしプレスされた物を目視確認をしながらバリ取りを行います。

上記に抜粋したものは一部ですが、自動車の製造というわけではなく部品であったりそれに関連した製品の製造などの期間工の募集です。期間工もいろいろとあって聞いたことのないメーカーもあっておもしろいですね。

全くの未経験者でも出来る仕事内容なのか?

 
一通りメーカーの募集要項をみていくと経験者が必要ということではなく、広くやる気のある人を募集しているようです。期間工として再度そのメーカーその部署に希望していけるのであれば即戦力として就業できるとはおもいますがそういうことはないので、未経験者でも十分戦力になる仕事の内容だとおもいます。

仕事の内容は想像できるものもあれば出来ないものもあります。実際に仕事をやり始めるとやったことのない作業でも一か月もすれば慣れます。未経験で大丈夫です。

私も期間工として勤務したときは、工場作業すら経験したことのない状態でした。火花散る現場を確認したとき大丈夫か?と疑問がありましたが、一か月が過ぎる頃には慣れていました。体も少したくましくなったのではないかとおもえるくらいでした。三か月が過ぎた頃には作業エリアもかなり拡大しており、余裕もありました。だから未経験で大丈夫です。

期間工から正社員になるのは難しい?

期間工には働ける期間があります。働く期間があり最初の募集で契約期間の話があります。契約期間の満了を迎える頃には契約期間の延長をしないかや正社員への道があるから正社員にならないかなどの打診があります。

もちろん誰でも良いというわけではなく期間中まじめに作業に取り組んでいたことや配属された班の仲間と問題なく作業で来ていたかなどが考慮された上で期間満了後の話がきます。

期間工は期間満了すれば終了してしまう?

期間満了を迎えると終了です。真面目に働いていれば正社員への登用がありますし、契約期間の延長などの打診もあります。私が働いていた頃は半年間が基本の契約期間で最大延長期間は11か月でした。もちろん社員登用制度もありました。基本的には期間が満了を迎えるとそこで契約は終了ですが、先に進むこともできますので熟考してみるのもいいかもしれません。

最近では、期間満了後の就職支援などもあるようです。メーカーによってそれも違いはあるようですが、トヨタやスバルなどの支援の方法が紹介されています。期間が終了すればそれで終わりというような感じではないようです。

・トヨタ自動車

フォークリフトとガス溶接の講習を受けることができるようです。しかも無料みたいです。
この講習を受けるのに以前は3か月、半年間の期間満了でも支援を受けることができていたようですが、最近は18か月以上の期間満了でなければ受けることができないという条件変更がなされたようです。

・スバル

就職の斡旋をしてくれるサポートがあるようです。就職支援です。
2年11か月の期間満了者の方を対象に就職支援をおこなっているようです。

契約期間満了後の再赴任通知

契約期間満了後に再赴任の通知がくる場合があるようです。
メーカーの人材を必要とする場合とありますが、法律の関係上6か月経過した後の不定期に再赴任の通知がくる場合があるようで、日給や経験者手当の増額といった具合にメリット込みであるようです。
再赴任の場合は面接がなく赴任となります。経験者ということを考慮されて前述したように給与が増額されています。

以上のことから契約期間の満了で終了しますが、その後のことを考えての企業側からの支援があったり必要に応じて期間的には開きますが企業側からの再度赴任をお願いすることがあります。

期間工から正社員になるのは難しい?

2016年度正社員登用実績 337人 トヨタ自動車の正社員登用の実績です。例えばトヨタ自動車で正社員を目指すならどのような流れがあってどういう基準なのかというところを見てみましょう。
まず、トヨタ自動車で正社員を目指すなら【準社員登用試験】を受けるということです。この試験を受ける条件として

・期間工として一年以上継続して働いていること
・GM(グループマネージャー)からの推薦があること

上記の点が必須とのことです。

準社員登用試験は1月、4月、7月、10月いうことです。500人くらいが一度に試験を受けるそうです。
準社員登用試験に合格すると、期間満了後に準社員として働きます。正社員のための使用期間ということです。使用期間中(3か月)を無事に過ごすと正社員になります。

・正社員登用試験

 一次試験 書類選考と筆記試験
 二次試験 面接

筆記試験の内容はSPIの国語と数学です(中学生レベル)。面接は集団で行います(6人一組挙手制)。
合否には上司の推薦(評価)がかなり重要ですので、普段の仕事に対する取り組み方などアピールできる部分はしっかりし、毎日の業務を真面目に行いましょう。
 
社員登用試験に年齢制限はありません、誰にでもチャンスはあります。実際に30代40代で社員になった方もいるようです。

期間工、正社員とは何が違うの?

一番大きな違いは、契約期間の定めがあるかどうかです。
期間工は最大2年11か月までしか働くことができません。一旦期間満了を迎えて一定期間おけば再度働くことができますが。正社員はその契約期間の定めがないことです。正社員は解雇されない限りは働けます。

給与にも違いがあります。
年齢や勤続年数という事情もあるので正社員が必ずしも期間工より給与が高いということでもありませんが、正社員には賞与が支給されます。もちろん勤続年数の長さや役職につくということで収入は増えていきます。退職金もあります。

期間工の平均年収額は約400万前後です。正社員の年収は入社一年目(基礎技能職)約350万、二年目以降の一般社員(初級技能職)約400万〜450万、中堅技能職は約450万〜500万、チームリーダーは約500万〜600万、班長は約600万〜800万、組長は800万〜1,000万、工場長は1,000万以上です。

仕事の量や責任が違う。
正社員は期間工と同様の仕事量に書類仕事があります。期間工の時と違い正社員の場合だと圧倒的に責任の重さは違います。

期間工で得た経験は他の期間工業務でも役に立つのか?

 
ひとつのメーカー内でも期間工の行う作業としての内容がいろいろとあるうえで、他のメーカーの期間工として赴任し働くことになったからといって同じ作業に従事するとは限りません。

しかも作業のやり方も違います。経験談にもありますが、慣れて体力がつくまではしんどい、部署によって全く違うということをいわれているくらいですから期間工の業務はなかなか役に立たないのかもしれません。
おおまかな作業の流れや作業のやっていることなどは知りえた情報として役に立つことなのかもしれません。

 

期間工の一日のタイムスケジュールってどんな感じなの?

期間工として一日を過ごすことになると交替勤務になりシフトが発生したりで慣れていないと戸惑う事があるとおもいます。実際なかなか交替制のお仕事となるとそう経験することが無いとおもいますので、交替勤務の流れを確認してみましょう。

交替制の場合、早番遅番などどういうスケジュール?

赴任して工場に配属になると配属先の勤務シフトで一日を過ごすことになります。まず配属先にもよりますが、二交替・三交替・常昼の勤務があります。私が赴任したトヨタ自動車の交替勤務の一日を見てみましょう。

私は連続二交替という勤務形態でした。
直番が1直・2直とあり、1直は6:25〜15:05です。
2直は16:00〜00:40です。

その勤務時間帯のシフトが一週間で交替します。土日が完全に休みになりますから週五日の勤務になりますが、1直シフトから
2直シフトに代わるときはとても得した気分になります。時間的に余裕ができるので。【1直=早番 2直=遅番】
 

早番・遅番のシフトはどういう風に決まる?

赴任して配属された部署で決まります。基本的に一週間交替でシフトが代わるので、早番で配属されれば次週は遅番という風に交替していきます。

急な欠勤は大丈夫なの?

欠勤はしない方が良いです。
どうしてもしなければいけない場合は必ず所属長に連絡を入れることです。人間ですから諸事情があるのは仕方のないことですから。ライン作業で動いているので、空いた穴を補わなければいけないため班の中でそういう動きが必要だからです。

一度欠勤すると満了報奨金や慰労金に響いてきます。
欠勤も一度ならまだしも二度三度と繰り返すと信用も無くなってきますから、不要な欠勤はやめましょう。

 

トヨタ、日産、スバルと期間工の求人があるけど何を基準に選べば良い?

期間工の求人は何もトヨタ自動車だけではありません。日本にはいくつかの自動車会社があるとおもいますがその会社の数だけ期間工の求人募集はあります。そのほかにも関連した会社で期間工を募集しているメーカーはあります。それぞれのメーカーの違いや特色、選び方などを見ていきましょう。

ちなみに私も期間工の経験はトヨタ自動車のみです。
私がトヨタ自動車の期間工を選んだ理由はそこが一番最初に目にした会社だったからです。たしかその時はホンダの期間工募集も新聞に出ていたとおもいます。給与とか待遇の面を突き合わせることなく最初に選んだ会社だからそこに決めたという直感のみの基準です。すみません、参考にならなくて。

各社期間工の仕事内容に違いはあるのか?

トヨタ、日産、スバルの期間工にどんな仕事があるのか、仕事内容に違いはあるのか見てみましょう。期間工募集の各社ホームページにも詳しく出ていますから抜粋します。

・トヨタ自動車

 
自動車を製造するライン作業を以下に書き出します。
エンジン・シャーシ系、ボデー系、部品系、組立、最終検査、これらがラインで担当する作業工程になります。

エンジン・シャーシ系は鋳造、鍛造、機械加工・組み付けが主な作業です。

1.鋳造とは、エンジン部品やアルミホイール等が鋳造部品。溶鉱炉で溶かした金属を鋳型に入れて作ります。

2.鍛造とは、エンジン部品の歯車やシャフトをはじめとして、特に強度を求める部品は、高温に加熱した鋼材をプレスして作り上げます。

3.機械加工・組み付けとは、鋳造や鍛造によって出来た部品を工作機械で加工し、他の部品とともに組み付け、品質チェックを行います。

ボデー系はプレス、ボデー溶接、塗装が主な作業です。

1.プレスとは、1枚の鋼板に巨大プレス機で数千トンの圧力を加えて、ボディー用パネル部品などを加工します。

2.ボデー溶接とは、約400点にも及ぶ部品を自動溶接と手作業とで組み付け、ボディーを作り上げていきます。

3.塗装とは、塗装ロボットを使って、何層にも塗り重ねられた美しいボディーが誕生します。

部品系は成形が主な作業です。

成形とは、樹脂原料などを射出成形などによって思い通りの形に加工することで、バンパーやグリルなどをはじめとする多くの部品
を作り上げます。

組立

生産ラインの最終工程。一連の部品が組み付けられたボディーに窓ガラス、シート、バンパー、エンジン、タイヤなどを取り付けて
完成車にします。

最終検査

組立終わった車は最終検査の工程にかけられます。一台ずつ、ブレーキが利くか、ワイパーが動くか、ライトが点くか等検査し、全
て合格したものだけを出荷します。

・日産自動車

自動車を製造する主な作業工程を以下に書き出します。
作業工程はプレス、車体組立、塗装、エンジン製造、組立、検査、出荷です。

プレス

車体のもとになるサイドパネルやドア、屋根などのパネル部品を成形します。製鉄所から納入されたロール状の鉄をカットし、金型がセットされた巨大なプレス機へ入れ、上下から強い圧力で挟み込むと、0.1秒でパネル部品が出来上がります。

車体組立

プレス工程で加工されたサイドパネルやドア、屋根といった鉄パネル部品を、溶接して繋ぎ合わせ、クルマの形に仕上げます。この工程では、最新の自動溶接ロボットが大活躍します。細かい部品の溶接や、ボディの最終チェックは人の手で行われます。

塗装

組み上がった車体を塗装前にきれいに洗浄し、サビを防ぐ塗料の入った巨大プールに丸ごと浸します(電着)。その後、下地を作る「下塗り」。実際の色をつける「上塗り」、ツヤを出す「クリア塗装」を行って、美しい色と輝きの車体に仕上げます。ロボットのアームが届きにくい部分などは人の手で行います。

エンジン製造

エンジン製造は金属の鋳造・鍛造から。さまざまな部品を機械加工し組み立てます。横浜工場で製造されたセレナのS−HYBRID(スマーシンプルハイブリッド)などの最新エンジンは、日産自動車九州をはじめとする全国の組立工場へと運ばれます。

組立

 
きれいに塗装された車体に、エンジン工場で作られたエンジンの他、タイヤや窓ガラス、シートなど様々な部品を取り付けるのが組立工程です。その部品点数は車種によっても異なりますが、3,000〜4,000点にもなります。大きく重たい部品は機械がアシスト。パーツが組みつけられ、普段、街で見るクルマの姿が完成。

完成

部品の組みつけが車体に、ガソリン、オイルなどを入れてエンジンを動かし、最後の検査所に運ばれたクルマは数百項目におよぶ厳しいチェックが行われます。走行検査をはじめ、計器やランプ類の作動点検、排ガス検査、高圧シャワーの下をくぐらせる水漏れテスト、さらにお客さまと同じ目線で行う特別検査も実施します。

出荷

すべての検査に合格して完成したクルマは、汚れがつかないよう保護シートを貼り、大切にトラックや船に載せられて日本各地や世界中の国々へ運ばれます。

・スバル

仕事の紹介は簡単にされています。プレス、溶接・組立、塗装、検査の4項目です。
スバル車の製造。プレス、ボディ組立溶接・機械加工・エンジン、トランスミッション組立・熱処理のいずれかの作業現場でのお仕事です。フォレスター、レヴォーグ、インプレッサ、レガシーなど多くの種類の車を作っています!

各社の主な作業紹介チェックしてみると自動車製造にかかわることなので、あまり大きな違いはないようです。作業する細かい部分は実際に従事してみないとわからないとおもいますが、紹介されている項目は同じような感じですね。ちなみに私はボディー溶接に配属になりガツガツ作業をしてました。

経験者が語る失敗しない期間工求人の選び方

期間工の求人もいろいろと募集要件や情報が出ています。期間工の経験者の方が書いたブログもよくアップされています。実際に仕事に従事してみないと成功か失敗かということは判断がつかないとおもいますが、どうせ働くならより条件の良いところを選びたいですね。

今はメーカーに直接応募するだけでなく派遣会社を介して応募する方法もあります。自分だけの判断で選び難い場合は派遣会社を使うのも一つの方法だとおもいます。よりよい方法で選び応募しましょう。

実際に期間工として働いていた方のブログ等を読んでみると、色々とメーカーを選ぶ基準はあるみたいです。なので一概にはこの選び方が良いという方法はないのかもしれません。その人の基準で選ぶのが良いのでしょう。そこで参考としての基準を切り取ってみます。

 ■寮・給料・待遇を比較して選ぶ。
 ■期間工として働くことは何を重視しているのかを考えて選ぶ。

上記は、体験談などを元にして判断できる材料です。個人で感じ方が違うので実際に選んで働いてみましょう。

メーカー直接雇用の求人サイトもいくつかあります。求人サイトにはいくつものメーカーが掲載されており条件や内容が簡単に比較しやすくなっております。しかも求人サイトを介しての入社になるとメーカーからではなく、求人サイトから入社祝い金のキャンペーンがあったりしますので、いくつかの求人サイトを使うのも入社するためのメーカー選びの判断になるとおもいます。

そういうキャンペーンのおまけがあるのとないのではかなり違いますからね。しかも求人サイトでは質問や相談をすることができます。

失敗する求人探しのポイント

結局、失敗しないための求人の選び方を求人サイトや経験談を確認して自分が求めるものに当てはめていくと探し方としては正解なのかもしれません。しかし、自分が実際に働いて感じることは他の人が感じたこととは違います。メーカーで働き期間満了まで勤めあげる事ができれば成功なのかもしれませんし、納得がいかなければ失敗なのかもしれません。

私のようにとりあえず最初に目にしたところに決めた第一印象が失敗とおもう人もいるかもしれませんし、私のように納得とおもう人もいるかもしれません。働いてみないことには結論が出ないかもしれません。ただ、私の場合は比較検討するサイトがありませんでした。